コワーキングスペースの利用メリット

コワーキングスペースについてご紹介します!



このサイトでは、一般的なコワーキングスペースの利用目的についての情報をご紹介しています。
さらには初めてスペースを利用する際の契約方法から、選ぶ際にチェックしておきたいあると便利な設備についても触れています。
また近年東京でも増加しているコワーキング施設の魅力にはどのようなものがあるのか、施設に用意されているものは具体的に何があるかといった情報も扱うサイトです。
利用を検討している際には確認しておくと役立つ可能性があります。

コワーキングスペースの利用目的

コワーキングスペースの利用目的 近年人気を集めているコワーキングスペースですが、まだ利用したことがないと中の様子がどのようなものなのか分からないためハードルが高いと感じる人もいるかも知れません。
仕事をするための場所というイメージがありますが、必ずしも皆がビジネスマンというわけではないのが特徴です。
確かにコワーキングスペースは仕事をするために使っている社会人が多いですが、それだけでなく様々な目的で利用する人が集まっている場です。
起業をしたばかりの人が活用している事が多いほか、フリーランスが作業する目的でも利用されています。
また勉強をするために利用する人も多くいて、資格取得のために勉強をしている社会人や学生もいることがあります。

コワーキングスペースで会議はできるのか?

コワーキングスペースで会議はできるのか? コワーキングスペースという言葉を聞いたことがある人は多いかもしれません。
要するに自宅ではどうしても家族等自分以外の人間がいて、仕事や作業に集中することができないから、図書館のようなインターネットカフェのような、一人で集中できる場所を借りて、そこで勉強や作業や仕事をすることです。
しかし中にはコワーキングスペースで会議を行いたいという人もいるのです。
コワーキングスペースというのは会社ではないのはもちろんのこと、レンタルオフィスともまた違います。
どちらかというと、図書館のように多くの人が使う場所なのです。
しかし会議は問題なくできるコワーキングスペースも、実は最近では増えてきているのです。
その場合、会議を行いたいという日時について、予めスマートフォン等から予約を取る必要があります。
もちろんスペースには限りがありますから、なるべく早めに予約をしない場合、他の利用者に先におさえらえてしまうということもあります。
その場合は別の方法を探さざるを得なくなってしまいますから、とにかく早め早めの行動を心がけることが必要です。
ちなみにミーティングをしている時に、ドリンクを提供してくれるサービスがあるところもあるようです。

仕事場として活用するコワーキングスペース

様々な事情により、家庭で仕事をする人の割合が多くなってきています。フリーランサーや自営業の人のみならず、会社員でも家庭で働くというスタイルは一般的になりつつあります。それらには利点もありますが、自宅で働くことについて『集中できない』『オンオフの切り替えがうまくいかない』と感じる方も多いようです。そんな時に便利なのが、コワーキングスペースを活用するという手段です。 コワーキングスペースとは、席単位や小さな敷地単位で場所を借り仕事を行うことができる場所です。雰囲気としてはカフェのような感じですが、若い学生さんやおしゃべりをする人人達はいません。あくまでも仕事場としてその場所を活用する人ばかりなので、良い環境で仕事に集中できるという特徴があります。wi-fi環境やコピー機等の設備が整っていることも多く、快適に仕事ができるということで愛用者が多いです。値段は借りるスペースや、ドリンクサービスなどセット内容によって変わってくるような仕組みになっています。

起業時の初期費用を抑えることができるコワーキングスペース

起業を志す方にとって、まず頭を悩ます問題にオフィスの初期費用があります。起業したばかりの頃はオフィスにお金をかけずに営業、販売活動に注力したいと考えるものです。また、オフィスは固定費として定期的に会社から資金が流れていきますので、最初からまとまったお金を固定費に使いたくはないものです。 そこで、検討価値があるのがコワーキングスペースです。 コワーキングスペースは、複数の利用者がオフィススペースを共有して仕事を行うスペースです。オフィスの賃貸料金はもちろん、椅子や机などの備品も決して安いコストではありません。電気光熱費も単独で負担するよりも複数で施設をシェアするコワーキングスペースであれば利用料金に含まれていることもあり、割安です。 創業したばかりで社員が自分一人、または2人程度の少人数であれば最初から賃貸契約を結んで単独でオフィスを構えるよりはまずはコワーキングスペースを利用して地盤を整えてから自分のオフィスを構えるというステップが踏めます。

コワーキングスペースのフレキシブルな席の利用とは

コワーキングスペースの利用で面白い所の一つに、フレキシブルに席を変えられる点があります。
場所によってはお金を払って固定席を取る事も可能なコワーキングスペースもありますが、基本的には行って開いている席を利用するのがコワーキングスペースのスタイルです。そのため、毎日同じ席で同じ光景を見ながら作業する事務所とは違い、毎回違う光景と知らない人たちがいるところで作業するのが、ある意味でコワーキングスペースの醍醐味なのです。いつも同じ状況だと集中しにくいといった人は、一度利用してみて、どれだけ集中出来る環境か試してみるといいでしょう。月額料金で使っている人もいますが、ふらりと行って一時間いくらといった形でも利用出来るので、あまり重く考えずに興味のあるところに行ってみるといいかもしれません。飲食店のカウンターのように席を空けて埋まっていきますが、開けられなくなると隣に人が来る形になり、空気が張り詰めていく感じがして仕事に集中出来ます。

宿泊ができるコワーキングスペースを利用するメリット

コワーキングスペースとは、従来のレンタルスペースとは違い専用の個室スペースではなく共有型のオープンスペースにて仕事をするスタイルの施設です。多くの場所では専用の個室やデスクを持つプランがありますが、中には自由席で他の入居者とのコミュニケーションを促していることが大きな特徴となっています。
最近ではコワーキングスペースは仕事やコミュニケーションが行えることに加えて、宿泊が可能な施設も登場しており昼でも夜でも問わずにいつでも仕事に集中することができるメリットがあります。ホテルや旅館で仕事をする場合との大きな違いは、コワーキングスペースには長時間座っていても疲れにくいオフィスチェアが置いてあったり、PCの作業に適した高さを調節できるデスクが用意されているなど働く環境が整っているためです。
そして宿泊ができる施設の多くは、温泉地や大自然の中など非日常的なエリアにあるので、普段とは違った場所で仕事をしたいという方も気分転換ができたり、温泉につかって疲れた身体を癒やすこともできることが魅力です。

出張でビジネスホテルを使う時のコワーキングスペース

出張などで遠くに来ていて、数日間ビジネスホテルに泊まる環境になった人に日中利用をお勧めしたいのがコワーキングスペースです。
普通は仕事で忙しい事が多いのですが、意外と短時間で終わってしまい、手持ち無沙汰になる可能性があるのも出張というもので、業務中なので観光もしにくいならコワーキングスペースで仕事が出来ます。コワーキングスペースは喫茶店を仕事用に特化した様な施設なので、娯楽設備もなく、ただ机があって電源と無線LANが使えるだけの場所です。ノートパソコンがあるなら普通に仕事が出来ますし、それでなくてもメールチェックなどしていれば遠隔で業務に関わっている形にはなります。遠隔地に出張したものの、やる事が意外と少ないというのは仕事ではあるあるなので、そんな時に時間をどう使うかは念頭に入れて置くといいかもしれません。漫画喫茶という手もありますが、あくまで業務中なので抵抗がある場合、コワーキングスペースが最適です。

コワーキングスペースにおける感染症対策とは

近年かなり数が増えてきていて、利用者も増加しているコワーキングスペースですが、コロナ禍における対策というものはどういったものがあるか考えてみます。
感染症対策の基本でマスクの着用は必須となっていますが、それだけでなく出入り時の手指の消毒、机間のパーティションの設置などはどのコワーキングスペースでも行われています。環境の異なる人達が集まる場として存在しているため、その辺りは必須と言えるかもしれません。また、空間を有効利用するために席が敷き詰められている部分は、間に一つ空席を設ける事で対策されています。これはもちろん利用者数が半減するという問題もあるのですが、そもそも密になりがちなコワーキングスペースを利用するのですから、それぐらいの対策は必要になるのは仕方のないところです。利用者としてもそれぐらいをしていないと使う気にならないため、経営側は我慢して半数の席で運営しているところが多くなっています。

スタイリッシュなコワーキングスペースでの働き方

ホワイトカラーなどという言葉がありますが、事務所で席に着いてできる仕事をしている人は、力仕事よりはスタイリッシュに見えるのかもしれません。さらにそれを突き詰めると、フリーランスでパソコンを片手に場所を選ばずに稼いでいる人でしょうか。
独立しているので誰かの指示に従う必要もありませんし、作業場所も自宅であろうとどこであろうと自由です。それらの人達は喫茶店でずいぶん見かけましたが、今はコワーキングスペースを利用する人が増えています。コワーキングスペースは喫茶店を仕事場に特化させたような施設で、電源で無線LANさえあれば仕事の出来る人達が多く利用しているのです。おそらく、その仕事の仕方にあこがれる人も多いと思われるスタイリッシュさであり、コワーキングスペースの方も出来るだけそういった人達が使いやすい様に、綺麗な内装を心掛けて作られています。ドリンクバーを設置したり、喫茶店のようにドリンクを提供するところもあり、独自色を出して利用者の確保にも動いているのです。

コワーキングスペースに関する情報サイト

神戸でおすすめのコワーキングスペースは?

新着情報
(.*)!s', $str, $res)){ print $res[1]; } ?>